カラコンの付け方の基本

カラコンを扱う前には、まず手をきれいに洗うことが付け方の基本中の基本です。ウェットティッシュでぬぐうだけや水洗いだけではなく、石けんやハンドソープを使ってきちんと洗って、すすぎもしっかりして泡を落としましょう。手を洗うときには手のひらばかりをゴシゴシするのではなく、指先まで意識して洗う必要があります。洗ったあとの手の水分をふき取るにも、糸くずやチリ・ホコリが手に付着しない、清潔な布を選ばなければいけません。ティッシュペーパーは紙の繊維がチリとなって手に付きやすいので、タオルやハンカチを使わないのならキッチンペーパーがオススメです。

 

清潔になった指で、やっとコンタクトを扱うことができます。レンズを取り出して人差し指の腹の上に乗せましょう。レンズのふちをみて、裏表が逆になっていないかどうかチェックします。レンズのふちが丸みを帯びていたらOKですが、反り返っていたら裏表が逆になっています。レンズを乗せている人差し指側の手の中指で下まぶたを引っ張って、逆側の手で上まぶたを引き上げ、コンタクトをそっと眼球に乗せましょう。慣れると鏡を見なくてもカラコンを入れることができるようになりますが、油断せずに必ず鏡を使ったカラコンの付け方を習慣付けたいものです。

 

レンズが眼球に乗ったら、そっとまばたきをしてみましょう。目の中がゴロゴロする感覚があったら、カラコンと眼球の間にチリ・ホコリが入ってしまった可能性があります。いったん外して保存液に戻し、カラコンの付け方の手順の最初からやり直しましょう。

 

付け方とは関係ないですが、カラコンの使用期限についての参考サイトあります。
乱視カラコン使用期限